Brand Concept

2003年、息子が生まれて新米パパ・ママの生活を心から楽しんでいたマイケルとエレン。
ところが、彼らは育児グッズを買いそろえる段になってほとほと苦労しました。
なにせ目の前には膨大な商品の数々。忙しい毎日のわずかな時間では、本当に満足するものを見つけるのは至難の業だったからです。

ダイパーバッグ(マザーズバッグ)の時も同様でした。デザインも機能性も優れたバッグは結局出会えずじまい。「ならば、つくろう!」これがスキップホップの誕生でした。

それから10年、マイケルとエレンが何百もの商品開発を通じて提案しているのは「すべてあるべき場所に収める(すべての物にはその置き場所がある)」というスマートで機能的な育児のソリューション。

今やグローバルブランドに発展したスキップホップ。彼らのように「忙しいけれど育児を楽しみたい! 育児グッズはデザインも機能もこだわりたい!」という世界中のパパ・ママたちのために発信しています。